遺言相続のことは岡山県倉敷市秋間行政書士事務所|遺言相続に関する注意事項(遺産分割の考え方)

新着情報

遺言相続に関する注意事項(遺産分割の考え方)

2020/07/26

今回は、相続開始後の遺産分割について考えます。

 

例えば、父親と兄が既に亡くなっている状態での母親の相続を考えます。

相続人は、妹の私と、亡き兄の子供(甥と姪)の3人と仮定します。

 

①相続開始時点で母親の遺言がある場合。

②相続開始時点で母親の遺言が無い場合。

の二通りのケースを考えます。

 

①の遺言書がある場合は、その遺言書に沿って遺産分割を行います。 しかし

相続人の間で極端な遺産分割価額の差がある場合はその理由が知りたくなります。

兄弟姉妹以外の相続人には遺留分減殺請求権と言うものがありますので、最低限

の遺産は請求する権利があります。 今回の例では、相続人は、被相続人の子供

と、そのまた子供ですので遺留分の権利は存在します。

 

②の遺言書が無い場合は、遺産分割協議を行い、遺産分割することになります。

遺言書がない場合、母親が亡くなった時点で相続財産は全て全相続人の共有とな

り、相続人が全員で遺産分割協議を行い、共有財産の分割をします。

また、相続開始時に相続人に未成年者がいる場合は、法定代理人が遺産分割協議

に代理人として参加することになります。

遺産分割協議内容を遺産分割協議書として作成し、内容に沿って分割します。

 

当事者同士のみでは協議が困難な場合は、私ども行政書士が遺産分割協議の応援

をすることも可能ですので、お声がけ頂ければと思います。

以上

 

~岡山の倉敷市で開業、遺言相続のことは秋間行政書士事務所が承ります~

« 一覧へ戻る

【秋間行政書士事務所】のサービス案内

遺言・相続
遺言書作成・遺言執行・遺産分割協議書作成など、遺言・相続に関するさまざまなシーンでトータルにご提案・サポートいたします。
各種契約書
内容証明郵便の作成、離婚協議書の作成など、各種契約書の作成を承ります。お気軽にお問い合わせください。
建設業許可
建設業許認可申請・申請手続き・経営事項審査申請など、許可の取得により業務拡大を目指す方を継続的にサポートいたします。
会社設立
会社設立の手続をいたします。社会的評価の向上と共に業績アップを目指す方、起業家・ベンチャー企業を目指す方を応援します。

プライバシーポリシーはこちら

お気軽にお問い合わせください 090-8990-5481 メールでお問い合わせ

Information

秋間行政書士事務所
〒710-0833
岡山県倉敷市西中新田222-32
JR「倉敷駅」より車で約10分
アクセスマップはこちら >>

遺言書の作成など、遺言・相続に関することや、各種契約書の作成なら、倉敷市の【秋間行政書士事務所】にぜひ一度ご相談ください。建設業許可や会社設立のご相談も承っております。

  • ご相談・お問い合わせ 090-8990-5481
  • メールお問い合わせ MAILFORM

ページの先頭へ