遺言相続のことは岡山県倉敷市秋間行政書士事務所|遺言相続に関する注意事項(介護の寄与分、遺産分割協議後の遺留分請求)

新着情報

遺言相続に関する注意事項(介護の寄与分、遺産分割協議後の遺留分請求)

2020/05/24

今回は、介護に対する寄与分と遺産分割協議後の遺留分請求についてです。

 

例えば、親の介護に対する精神的・肉体的な負担に対する寄与分の考え方。

また、一度、遺留分相当額より少ない額で分割協議に合意して、遺産分割協議書を

作成した後に、改めて遺留分を請求することの是非について考えます。

 

まず、寄与分に関しての法律は「共同相続人の中に被相続人の事業に関する労務の

提供または財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産

の維持又は増加について特別の寄与」があった場合、その分を寄与分として扱う事、

と定められています。

 

介護の場合でも、被相続人が負担すべき費用を特定の相続人が支弁した場合に、そ

れにより被相続人の財産が維持された事になれば、その費用負担分が寄与分として

考慮すべきことになります。 しかしながら、単に献身的な介護をしただけでは不

十分で、扶養義務を超えた義務の履行であることが必要になります。

 

裁判例として、

① 被相続人が死亡するまで、25年間にわたり共に生活し世話した長男に認められ

た例

② 三度の食事の世話、排便の対応、外出時の付き添いなど献身的に被相続人を介護

した相続人に対して、介護の日当を8000円と定めた裁判例

 

また、寄与分の算出方法の例として、

(相続人の介護が無ければ必要となったであろうヘルパーの日当×療養介護日数×

裁量的割合)、とか、(介護報酬基準額×療養介護日数×裁量的割合)

などがあります。

※裁量的割合とは、裁判所が個別事案に応じて判断する割合を言います。

 

 

遺産分割協議の成立につき、作成過程に誤認や錯誤あるいは相続人の一部が欠けて

いるなどの欠陥事由、無効、取消要因などが無い限り、有効に成立した遺産分割協

議を再度やり直すには、相続人全員の合意が必要です。

以上

 

~岡山の倉敷市で開業、遺言相続のことは、秋間行政書士事務所で承ります~

 

« 一覧へ戻る

【秋間行政書士事務所】のサービス案内

遺言・相続
遺言書作成・遺言執行・遺産分割協議書作成など、遺言・相続に関するさまざまなシーンでトータルにご提案・サポートいたします。
各種契約書
内容証明郵便の作成、離婚協議書の作成など、各種契約書の作成を承ります。お気軽にお問い合わせください。
建設業許可
建設業許認可申請・申請手続き・経営事項審査申請など、許可の取得により業務拡大を目指す方を継続的にサポートいたします。
会社設立
会社設立の手続をいたします。社会的評価の向上と共に業績アップを目指す方、起業家・ベンチャー企業を目指す方を応援します。

プライバシーポリシーはこちら

お気軽にお問い合わせください 090-8990-5481 メールでお問い合わせ

Information

秋間行政書士事務所
〒710-0833
岡山県倉敷市西中新田222-32
JR「倉敷駅」より車で約10分
アクセスマップはこちら >>

遺言書の作成など、遺言・相続に関することや、各種契約書の作成なら、倉敷市の【秋間行政書士事務所】にぜひ一度ご相談ください。建設業許可や会社設立のご相談も承っております。

  • ご相談・お問い合わせ 090-8990-5481
  • メールお問い合わせ MAILFORM

ページの先頭へ