遺言相続のことは岡山県倉敷市秋間行政書士事務所|遺言相続に関する注意事項(相続するための留意事項)

新着情報

遺言相続に関する注意事項(相続するための留意事項)

2017/10/31

今回は、被相続人が母親で相続人が兄弟2名のケースで、例えば、弟が母の介護の

ために自宅の戻り母と同居することになったケースを想定します。

 

兄は母の介護をする意思は全くなく、自宅に帰ることもなく音信不通の状態です。

母は意識はあるものの身体が不自由で寝たきりです。母は自宅・土地を含めて全財

産を弟に遺したいと言っています。

 

弟は、どのようにすれば母の気持ちを無難に実現することができるのか心配です。

 

上記の解決方法として以下の4つの方法が考えられます。

①、相続発生時に兄に相続放棄をしてもらう。

②、母の意識がはっきりしている間に、公正証書遺言を作り全財産を弟に相続させ

る内容の遺言を作成してもらう。 また兄に財産を渡さない理由を、生前の兄に対

する気持ちを付言事項として記載してもらう。

➂、生前に自宅・土地を贈与して弟の名義にしてしまう。

④、兄を相続廃除する。

 

まず、①の「兄に相続放棄してもらう」件。

相続放棄するのは兄であり、他人が強制することはできません。

②の「遺言を作る」件。

非常に有効な方法であり、付言事項を読んだ兄が納得する可能性があります。

しかし、遺留分減殺請求の権利があり、(4分の1)の財産を請求する事も考えら

れます。

➂の「生前贈与する」件。

生前贈与すれば贈与税が発生するので相続発生後に相続税を支払う方が節税となり

ます。

④の「相続廃除する」件

今回のケースでは廃除要因としては不十分の内容です。

以上

 

本件に関してご不明な点があれば連絡ください。

 

~岡山の倉敷市で開業、遺言相続は秋間行政書士事務所で承ります~

« 一覧へ戻る

【秋間行政書士事務所】のサービス案内

遺言・相続
遺言書作成・遺言執行・遺産分割協議書作成など、遺言・相続に関するさまざまなシーンでトータルにご提案・サポートいたします。
各種契約書
内容証明郵便の作成、離婚協議書の作成など、各種契約書の作成を承ります。お気軽にお問い合わせください。
建設業許可
建設業許認可申請・申請手続き・経営事項審査申請など、許可の取得により業務拡大を目指す方を継続的にサポートいたします。
会社設立
会社設立の手続をいたします。社会的評価の向上と共に業績アップを目指す方、起業家・ベンチャー企業を目指す方を応援します。

プライバシーポリシーはこちら

お気軽にお問い合わせください 090-8990-5481 メールでお問い合わせ

Information

秋間行政書士事務所
〒710-0833
岡山県倉敷市西中新田222-32
JR「倉敷駅」より車で約10分
アクセスマップはこちら >>

遺言書の作成など、遺言・相続に関することや、各種契約書の作成なら、倉敷市の【秋間行政書士事務所】にぜひ一度ご相談ください。建設業許可や会社設立のご相談も承っております。

  • ご相談・お問い合わせ 090-8990-5481
  • メールお問い合わせ MAILFORM

ページの先頭へ