遺言相続のことは岡山県倉敷市秋間行政書士事務所|民事信託について(その2・空き家対応)

新着情報

民事信託について(その2・空き家対応)

2017/09/24

今回は、民事信託を使った空き家対応を考えます。

 

例えば、父親Aが既に死亡していて、実家を相続した母親B(73歳)が一人で住

んでいるとします(年金暮らし)。子供は、長男C(51歳)夫婦が母親とは同居

していないが同じ県内で持ち家で暮らしています。長女D(47歳)は結婚して他

の県で持ち家生活している状況を仮定します。

 

このような状況において、母Bが認知症になって施設に入居すれば、実家は空き家

になります。また母Bの判断能力が低下すれば、自分で空き家を維持・管理・処分

をすることができません。

 

この様な状態にならないように、母Bが正常な時に「任意後見契約」を締結するか

または、認知症になった時点で「成年後見人」をたてる方法等があります。

 

しかしながら、成年後見人であっても実家を維持・管理することはできても、処分

行為は裁判所の許可が必要となり、制約を受け、時間もかかります。

 

また、母Bが正常な判断能力があるときに遺言書作成して実家の相続人を決めても

、実際の処分等は母Bの死後となり、それまでは空き家状態のままです。

 

そこで、民事信託を使用した場合は以下のようになります。

委託者を母B、受託者を長男C、受益者を母Bとし、信託財産を自宅、母Bが死亡

した時点で信託終了とする。また信託の目的は、自宅の維持・管理・処分を受託者

Cが行う。以上のような内容で信託契約を締結します。(一つの事例です)

こうすれば、母Bの正常時から自宅の維持・管理が始まり、認知症等で施設に入居

したら必要に応じて自宅の管理・処分ができます。

さらに、母Bが任意後見制度を利用して、身上監護を受けることも可能です。

 

民事信託に関して関心のある方は連絡をお待ちしています。

 

~岡山の倉敷市で開業、遺言相続の事なら秋間行政書士事務所でお受けします~

« 一覧へ戻る

【秋間行政書士事務所】のサービス案内

遺言・相続
遺言書作成・遺言執行・遺産分割協議書作成など、遺言・相続に関するさまざまなシーンでトータルにご提案・サポートいたします。
各種契約書
内容証明郵便の作成、離婚協議書の作成など、各種契約書の作成を承ります。お気軽にお問い合わせください。
建設業許可
建設業許認可申請・申請手続き・経営事項審査申請など、許可の取得により業務拡大を目指す方を継続的にサポートいたします。
会社設立
会社設立の手続をいたします。社会的評価の向上と共に業績アップを目指す方、起業家・ベンチャー企業を目指す方を応援します。

プライバシーポリシーはこちら

お気軽にお問い合わせください 090-8990-5481 メールでお問い合わせ

Information

秋間行政書士事務所
〒710-0833
岡山県倉敷市西中新田222-32
JR「倉敷駅」より車で約10分
アクセスマップはこちら >>

遺言書の作成など、遺言・相続に関することや、各種契約書の作成なら、倉敷市の【秋間行政書士事務所】にぜひ一度ご相談ください。建設業許可や会社設立のご相談も承っております。

  • ご相談・お問い合わせ 090-8990-5481
  • メールお問い合わせ MAILFORM

ページの先頭へ