遺言相続のことは岡山県倉敷市秋間行政書士事務所|遺言相続に関する注意事項(相続人が認知症)

新着情報

遺言相続に関する注意事項(相続人が認知症)

2017/09/07

今回は、被相続人が死亡した後で相続人において遺産分割を行う際に、認知症の相

続人がいる場合を考えます。

 

遺産分割協議は、意思能力のある相続人全員でする必要があり、署名・捺印も必要

です。 認知症の相続人がいる場合は代理人が代わって参加する必要があります。

 

代理人は、①成年後見人または、②後見監督人であったり、③家庭裁判所が選任し

た特別代理人がなることができます。

 

相続が始まる前に予め遺言を書き遺すことが、亡くなる人や遺される人にとって何

より大切なことですね。

 

~岡山の倉敷市で開業、遺言相続の事は秋間行政書士事務所で承っております~

 

« 一覧へ戻る

【秋間行政書士事務所】のサービス案内

遺言・相続
遺言書作成・遺言執行・遺産分割協議書作成など、遺言・相続に関するさまざまなシーンでトータルにご提案・サポートいたします。
各種契約書
内容証明郵便の作成、離婚協議書の作成など、各種契約書の作成を承ります。お気軽にお問い合わせください。
建設業許可
建設業許認可申請・申請手続き・経営事項審査申請など、許可の取得により業務拡大を目指す方を継続的にサポートいたします。
会社設立
会社設立の手続をいたします。社会的評価の向上と共に業績アップを目指す方、起業家・ベンチャー企業を目指す方を応援します。

プライバシーポリシーはこちら

お気軽にお問い合わせください 090-8990-5481 メールでお問い合わせ

Information

秋間行政書士事務所
〒710-0833
岡山県倉敷市西中新田222-32
JR「倉敷駅」より車で約10分
アクセスマップはこちら >>

遺言書の作成など、遺言・相続に関することや、各種契約書の作成なら、倉敷市の【秋間行政書士事務所】にぜひ一度ご相談ください。建設業許可や会社設立のご相談も承っております。

  • ご相談・お問い合わせ 090-8990-5481
  • メールお問い合わせ MAILFORM

ページの先頭へ