遺言相続のことは岡山県倉敷市秋間行政書士事務所|農地転用について(その1)

新着情報

農地転用について(その1)

2017/08/05

今回は、農地転用について考えます。

 

現在所有している農地を農業以外の用途に変更するためには、予め農地転用という手続

きにより、原則都道府県知事または指定市町村長の許可が必要となります。

また、①自分の土地を農業以外の用途にするには、農地法第4条による許可(略して4

条許可)を、②自分の土地を所有権を他人に移転してその事業者等が転用する場合には

、農地法第5条による許可(略して5条許可)を取得することになります。これ以外に

も参考として、③自分の農地を他人に農地として所有権を移転する場合には農地法第3

条による許可が必要になる制度があります。

 

農地は、地域・場所によって、農地の優良性や周辺の立地状況により区分がなされてい

ます。概要は下記のとおりです。

1.農用地区域内農地・・・・農用地区域内農地・・・・・・・・原則転用不可

2.甲種農地・・・・・・・・良好な営農条件を備えているので原則転用不可

3.第一種農地・・・・・・・良好な営農条件を備えているので原則転用不可

4.第二種農地・・・・・・・市街地化が見込まれる等・・・条件付き転用許可

5.第三種農地・・・・・・・市街地化の傾向が大きい・・・・・原則転用許可

 

農地利用に関しては、まずは転用したい農地の区分を知ることが前提ですね。

知ることによって転用が可能かどうか推測することができます。

 

以上、ご不明な点があれば、ご連絡ください。

 

~岡山の倉敷市で開業、遺言・相続の事なら秋間行政書士事務所が承ります~

« 一覧へ戻る

【秋間行政書士事務所】のサービス案内

遺言・相続
遺言書作成・遺言執行・遺産分割協議書作成など、遺言・相続に関するさまざまなシーンでトータルにご提案・サポートいたします。
各種契約書
内容証明郵便の作成、離婚協議書の作成など、各種契約書の作成を承ります。お気軽にお問い合わせください。
建設業許可
建設業許認可申請・申請手続き・経営事項審査申請など、許可の取得により業務拡大を目指す方を継続的にサポートいたします。
会社設立
会社設立の手続をいたします。社会的評価の向上と共に業績アップを目指す方、起業家・ベンチャー企業を目指す方を応援します。

プライバシーポリシーはこちら

お気軽にお問い合わせください 090-8990-5481 メールでお問い合わせ

Information

秋間行政書士事務所
〒710-0833
岡山県倉敷市西中新田222-32
JR「倉敷駅」より車で約10分
アクセスマップはこちら >>

遺言書の作成など、遺言・相続に関することや、各種契約書の作成なら、倉敷市の【秋間行政書士事務所】にぜひ一度ご相談ください。建設業許可や会社設立のご相談も承っております。

  • ご相談・お問い合わせ 090-8990-5481
  • メールお問い合わせ MAILFORM

ページの先頭へ