遺言相続のことは岡山県倉敷市秋間行政書士事務所|最近の裁判例からー4(遺言相続)

新着情報

最近の裁判例からー4(遺言相続)

2016/06/29

遺言相続に関する最近の裁判所の判例を紹介します。

今回は、死亡6日前に作成された公正証書遺言の有効性が問われた事例です。

 

・事件名     公正証書遺言の有効性

・裁判 年月日  平成25年8月28日

・東京高等裁判所

・訴えの内容   亡Aの子であり唯一の法定相続人であるBが、亡Aの従姉妹

(いとこ)であるXらに対し、公正証書遺言は無効であると訴えたもの。

・経過      亡Aは、死亡3ケ月前に末期がんと診断され入院・治療を受け

ていた。死亡6日前に、公証人が病室に出向いて公正証書遺言を作成している。

裁判所は、争点である死亡6日前の遺言書作成時における亡Aの遺言能力に関して

、公証人の問いかけ・質問に対する応答不良、自己の年齢の間違い、遺言作成中目

を閉じる、不動産を誰に与えるかに回答無し、等々の状況により、当時、遺言能力

を欠いていたとの判断をしました。(遺言は無効である)

 

(判例から学ぶのも)

遺言作成に際し、遺言内容に対する自分の思い、遺言内容の変更に至った場合には

その理由・経過などをメモとして残しておくことにより、遺言の有効性を判断する

時の証拠材料として有効です。

そこで、不要な紛争を無くす意味でも、元気で冷静な判断ができる時に、人生最後

の仕事として遺言書の作成をお勧めいたします。

以上

 

♦岡山、倉敷市での遺言相続の相談は秋間行政書士事務所で承ります♦

 

 

 

 

« 一覧へ戻る

【秋間行政書士事務所】のサービス案内

遺言・相続
遺言書作成・遺言執行・遺産分割協議書作成など、遺言・相続に関するさまざまなシーンでトータルにご提案・サポートいたします。
各種契約書
内容証明郵便の作成、離婚協議書の作成など、各種契約書の作成を承ります。お気軽にお問い合わせください。
建設業許可
建設業許認可申請・申請手続き・経営事項審査申請など、許可の取得により業務拡大を目指す方を継続的にサポートいたします。
会社設立
会社設立の手続をいたします。社会的評価の向上と共に業績アップを目指す方、起業家・ベンチャー企業を目指す方を応援します。

プライバシーポリシーはこちら

お気軽にお問い合わせください 090-8990-5481 メールでお問い合わせ

Information

秋間行政書士事務所
〒710-0833
岡山県倉敷市西中新田222-32
JR「倉敷駅」より車で約10分
アクセスマップはこちら >>

遺言書の作成など、遺言・相続に関することや、各種契約書の作成なら、倉敷市の【秋間行政書士事務所】にぜひ一度ご相談ください。建設業許可や会社設立のご相談も承っております。

  • ご相談・お問い合わせ 090-8990-5481
  • メールお問い合わせ MAILFORM

ページの先頭へ