遺言相続のことは岡山県倉敷市秋間行政書士事務所|最近の裁判例から-3(相続)

新着情報

最近の裁判例から-3(相続)

2016/06/03

遺言相続に関する最近の裁判所の判例を紹介します。

今回は、嫡出子・非嫡出子に対する相続分です。

 

・事件名     遺産分割審判に対する抗告棄却決定に対する特別抗告事件

・裁判 年月日  平成25年9月4日

・法廷名     最高裁判所 大法廷

・裁判で問われたことは、民法400条4号の一部分(ただし書き前段の規定)

に関するものです。 該当条文は以下()に示します。

(民法400条4号・・・子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の

相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である

子の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、

父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。)

ここで、下記2件が問われました。

1.上記条文の下線部分が憲法14条1項(すべて国民は、法の下に平等であって

・・・・・差別されない)での、法の下に平等であることとの整合性。

2.民法400条4号ただし書き前段の規定を違憲とする判断が他の類似裁判等の

法律関係に及ぼす影響。

・裁判所 判決  

1.民法400条4号ただし書き前段の規定は、遅くとも平成13年7月当時にお

いて、憲法14条1項に違反していた。

2.上記1項の判断は、本判決以前において確定的なものとなった法律関係に影響

を及ぼすものではない。

 

以上まとめますと、嫡出子・非嫡出子を原因とした相続分には差は無く同等である

と認めました。

以上

♦倉敷、岡山での遺言相続業務の相談は秋間行政書士事務所にて承ります♦

 

« 一覧へ戻る

【秋間行政書士事務所】のサービス案内

遺言・相続
遺言書作成・遺言執行・遺産分割協議書作成など、遺言・相続に関するさまざまなシーンでトータルにご提案・サポートいたします。
各種契約書
内容証明郵便の作成、離婚協議書の作成など、各種契約書の作成を承ります。お気軽にお問い合わせください。
建設業許可
建設業許認可申請・申請手続き・経営事項審査申請など、許可の取得により業務拡大を目指す方を継続的にサポートいたします。
会社設立
会社設立の手続をいたします。社会的評価の向上と共に業績アップを目指す方、起業家・ベンチャー企業を目指す方を応援します。

プライバシーポリシーはこちら

お気軽にお問い合わせください 090-8990-5481 メールでお問い合わせ

Information

秋間行政書士事務所
〒710-0833
岡山県倉敷市西中新田222-32
JR「倉敷駅」より車で約10分
アクセスマップはこちら >>

遺言書の作成など、遺言・相続に関することや、各種契約書の作成なら、倉敷市の【秋間行政書士事務所】にぜひ一度ご相談ください。建設業許可や会社設立のご相談も承っております。

  • ご相談・お問い合わせ 090-8990-5481
  • メールお問い合わせ MAILFORM

ページの先頭へ